脳が患う認知症の病気【健康な脳をつくろう】

改善予防を行なう

楽しいことがあった

認知症は脳の病気であり、脳に適度の刺激を与えると良いです。運動は認知症を予防する一つの方法です。運動をすることによってストレス解消を促したり、リフレッシュする効果があります。これによって心身ともにリセットすることができます。ストレス解消することによって、脳に対しても良い効果を導くことが出来ます。 また運動と一言でいっても、ただ歩くというわけではなく、認知症予防のための歩き方があります。速めに歩く、ゆっくりのペースで歩くということを繰り返すことで脳に適度な刺激を与えることができます。この運動方法をインターバル速歩といいます。インターバル速歩は認知症予防に有効的です。1日30分ほどインターバル速歩を取り入れることが理想です。

現代の日本人は食の洋風化が進んでいます。認知症予防には和食が良いと言われています。日本は島国であり、古来から魚介類を食べていました。近年は健康志向が強まり、コレステロール値が注目されています。 和食では青魚を食べますが、青魚にはDHAやEPAといったコレステロールを低くする効果があり、動脈硬化のリスクを下げてくれます。認知症のタイプには脳血管性認知症というものがあります。青魚を食べることによって血流を滞らせることを防ぐので、認知症のリスクを下げることに繋がるのです。 また和食は、野菜を使用したメニューが豊富です。身体の酸化は老化に繋がると言われています。緑黄色野菜には抗酸化物質が含まれるために、老化を遅らせると言われています。大豆を使用した納豆も認知症に対して有効的です。


高齢化と認知症の問題

過去を振り返る

認知症は避けられるのならそれに越したことはありませんが、こればかりはどうすることもできません。良い治療法や対処法などの情報も手に入りやすくなりました。それに手助けをしてくれる機関もあるので、無理せず頼りましょう。

詳細を確認する »

様々な症状

心配事がある

日本は今後も高齢化が進み、同時に認知症患者も増加していくことが見込まれています。現在では認知症にもいくつかの種類があることがわかっていますが、食生活や生活習慣で予防や改善に期待ができることもわかっています。

詳細を確認する »

患者の増加

メガネをかけたおばあさん

認知症は時代の変化とともに少しずつ日本全国で広まってきています。少子高齢化の現代では高齢者が増加している傾向にあるため、これから認知症患者が増えるとされています。

詳細を確認する »